体内酵素

体内酵素と健康の密接な関係

「体内酵素が人の寿命を本質的に左右する」と言われるくらい、体内酵素は健康と密接に関わっています。体内酵素が不足すると、体調不良につながります。様々な病気の原因にもなります。寿命も短くなります。昨今の酵素研究からこういったことが分かってきています。

 

酵素とは何か、その働きや驚くべき力をご紹介します。

2013/07/24 09:53:24 |
酵素は自然界に数千種類も存在すると言われ、人の体内にも約3000種類の酵素が存在すると考えられています。そして一つの種類の酵素は、特定の一つの働きしかしません。約3000種類の酵素が、体内で各機能を分担しているのです。例えば、胃の中に存在して、タンパク質を分解する働きをするペプシンは、その働きしかしません。ついでに脂肪も分解しようということにはならないのです。そのため3000種類もの酵素が体内に存在しているのですね。このことからお分かりかもしれませんが、ある一つの酵素が欠乏すれば、生命活動に重大な支障を来たしてしまうことになるのです。他の酵素では、その働きを代替できませんから。ですから、難病と...
体内酵素の特徴と種類の続きはこちら
2013/07/24 09:02:24 |
酵素は、人、動物、植物、生命あるものすべてに存在します。消化や代謝など体内での化学反応をつかさどるのが酵素だからです。アメリカでは、本格的な酵素研究がすすめられてきました。酵素の重要性は広く認識されています。酵素が人の生命活動において何よりも重要であることをアメリカで初めて提唱したのはエドワード・ハウエル博士だそうです。ハウエル博士は、長年の研究成果を酵素栄養学としてまとめました。その中で、人の寿命は体内酵素によって決定される、酵素の量は人それぞれ一生の生産量が決まっている、ということが解明されています。
人が生涯のうちで生産する酵素の量は生まれたときから決まっているの続きはこちら

このページの先頭へ戻る